便秘のことなら便秘解消法ベスト3! > 便秘の原因をみつける! > カフェイン・コーヒーは便秘によくない

最終更新日;2010年6月10日 12:41

お得情報!!

現在の割引は、全員5%OFF+初回限定5%&5ドルOFFダブルの割引クーポン+ロイヤルティクレジット5%OFF。

上記のリンクで、クーポンが適用されます。

  • 初回限定5ドル割引クーポンコード:WELCOME5
  • 全員・全商品5%割引クーポンコード:KUM437

※ 2つのクーポン同時利用可能。

さらに、40ドル以上で送料無料キャンペーンも行われており、コンビニ払いも利用できるように。

アイハーブは消費税8%もかからない上に、円高になるとさらにお得になります。

ロイヤルティクレジットは、アイハーブのカート画面で自動的に計算してくれます。

カフェイン・コーヒーは便秘によくない

朝コーヒーを飲むとスッキリ。

コーヒーが便秘解消法になっている人は多いかと思いますが、コーヒーに含まれるカフェインが便秘の原因になってしまうこともあるようです。

カフェインが水分を排出してしまう

コーヒー

カフェインには利尿作用があり、むくみ防止などに役立ちますが、便秘を解消するためには、あまりよい作用ではありません。

便秘解消に必要なのは水分。

便の70%は水分なので、しっかりと水分補給しないと、便がカチカチになって便秘の原因になってしまいます。

その水分を体の外に排出してしまう作用のあるカフェインは、便秘解消の妨げになってしまいます。

カフェインが腸の動きを鈍くする

カフェインには、神経を刺激して腸の収縮を促進する働きがあります。

コーヒーを飲むと便秘が解消される人が多いのはこのためで、ちょっとした便秘薬のような働きをします。

コーヒーは食品なので、安心な便秘解消法・・・ではありません。

コーヒーに含まれるカフェインには、便秘薬のように常習性があり、腸の働きを鈍くし、腸自体がもつ便を排出する力を弱めてしまいます。

カフェインは、腸の蠕動運動が弱まる「弛緩性便秘」の一因。

コーヒーで便秘を解消するのが習慣化してしまうと、どんどん腸が衰えてしまうので、できればコーヒーで便秘を解消するのは卒業したほうがよさそうです。

タバコのニコチンにも同じ作用が

ニコチンもカフェインと同じく、自律神経を刺激し腸の動きを活発にする作用があります。

タバコも便秘解消にいいといわれますが、同じく腸本来がもつ機能を弱めてしまうので、あまりおすすめできない便秘解消法かと思います。

また、ニコチンやカフェインには中毒があり、飲むのが習慣になってしまうと、なかなかやめられなくなってしまうこともあるので注意が必要です。

お腹にやさしく、痛みをともなわない便秘解消法がオリゴ糖です。
便秘に悩む人にとっては、まるで魔法の薬のようですよ!
オリゴ糖について詳しい内容は、カイテキオリゴ公式サイトへ
delicious に追加 hatena に追加 yahoo! ブックマークに追加 livedoor clipに追加 Buzzurlに追加 @nifty clipに追加 newsing に追加 facebookに追加 twit this!

全員5%OFF+初回限定5%&5ドルOFFダブルの割引クーポン掲載中!+ロイヤルティクレジット5%OFF+期間限定40ドル以上で送料無料セールも実施中
以下のリンクで割引が適用されます。
⇒ アイハーブ日本語サイト

その他にもお得な情報満載です。
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

アイハーブセール情報

ワンポイント★便秘解消法

もっとも排便しやすい時間帯は、朝食後30分経過した時です!

iherbアイハーブ購入履歴(3)

おすすめの解消法(20)

お気に入りのアイテム(5)

お茶(2)

オリゴ糖で解消!!詳しい口コミ(19)

ヒント(29)

人気アイテム口コミ(5)

体験談(4)

便秘が原因の病気(18)

便秘にいい食べ物(41)

便秘の原因をみつける!(23)

妊娠中の便秘解消法(5)

宿便の基礎知識(2)

用語集(11)

解消法比較ランキング(3)

酵素とは(7)

食物繊維の種類(3)

Feeds