便秘のことなら便秘解消法ベスト3! > おすすめの解消法 > 内臓の冷えを改善

最終更新日;2011年9月 1日 10:58

お得情報!!

現在の割引は、全員5%OFF+初回限定5%&10ドルOFFダブルの割引クーポン+ロイヤルティクレジット5%OFF(40ドル以上・11月2日まで)

上記のリンクで、クーポンが適用されます。

  • 初回限定10ドルOFF:GNEW10
  • 全員・全商品5%割引クーポンコード:KUM437

※ 2つのクーポン同時利用可能。

セール対象のおすすめ商品について、詳しくは下記の記事を参考にしてみてください。

さらに、40ドル以上で送料無料キャンペーンも行われており、コンビニ払いも利用できるように。

アイハーブは消費税8%もかからない上に、円高になるとさらにお得になります。

ロイヤルティクレジットは、アイハーブのカート画面で自動的に計算してくれます。

内臓の冷えを改善

お腹、内臓の冷えは便秘のもとです。

便秘を悪化させてしまう冷えをとって、内臓を温める方法を紹介します。

若い女性に増えている低体温、内臓の冷え

生姜ブームや冷えは免疫力を低下させるなどの情報がテレビでも取り上げられるようになり、冷えを改善するための食事や健康食品、生活習慣などを目にすることも多くなりましたが、会社の冷房やストレスなど、自身ではなかなか改善できない生活環境もあり、冷えで悩む女性は、いまだ多く存在しています。

女性は男性に比べ、筋肉量が少ないので冷えやすいといわれています。

冷えが怖いのは、一見冷えが原因とは思えない症状も、実は冷えが関係しているところです。

安保先生や石原先生などの著書でも有名になった免疫力も冷えによって低下しますが、妊娠しにくい、肌荒れ、肩こり、うつなどの原因にもなることがわかっています。

体温が1℃下がると、免疫力は30%も低下するといわれています。

冷えが便秘の原因に

内臓が冷えると消化がスムーズにいかず、便秘の原因となることがあります。

また、胃下垂など内臓が下がってしまうと、臓器の機能が低下して、内臓の冷えにつながる場合があります。

内臓の冷えは、便秘だけでなく胃腸炎や下痢などの原因にもなってしまいます。

内臓の冷え対策で便秘解消

内臓の冷えには、内側からと外側からの対策があります。

外側からの対策は腹巻や湯たんぽ・カイロなどで温めるなどの方法がありますが、低温やけどなどの心配もあるので、貼り方には注意してください。

内臓の冷えには、おへその少し下あたりを温めるのがいいそうです。

運動も冷えの改善に役立ちます。

筋肉をつけると熱をつくってくれます。

体の内側から温める食材は、なんといっても生姜。

生の生姜には免疫力を高める成分が豊富に含まれていますが、生姜を加熱すると体を温めてくれる成分が増えるので、冷えの改善には、加熱した生姜がおすすめです。

暖かい地域で採れる植物より寒い地域で採れるもののほうが、体温め食材が多かったり、緑茶よりも発酵した紅茶のほうが冷えにくかったりします。

delicious に追加 hatena に追加 yahoo! ブックマークに追加 livedoor clipに追加 Buzzurlに追加 @nifty clipに追加 newsing に追加 facebookに追加 twit this!

【11月2日まで】全員5%OFF+初回限定5%&10ドルOFFダブルの割引クーポン掲載中!+ロイヤルティクレジット5%OFF+期間限定40ドル以上で送料無料セールも実施中
以下のリンクで割引が適用されます。
⇒ アイハーブ日本語サイト

その他にもお得な情報満載です。
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

アイハーブセール情報

ワンポイント★便秘解消法

もっとも排便しやすい時間帯は、朝食後30分経過した時です!

iherbアイハーブ購入履歴(3)

おすすめの解消法(20)

お気に入りのアイテム(5)

お茶(2)

オリゴ糖で解消!!詳しい口コミ(19)

ヒント(29)

人気アイテム口コミ(5)

体験談(4)

便秘が原因の病気(18)

便秘にいい食べ物(41)

便秘の原因をみつける!(23)

妊娠中の便秘解消法(5)

宿便の基礎知識(2)

用語集(11)

解消法比較ランキング(3)

酵素とは(7)

食物繊維の種類(3)

Feeds