便秘のことなら便秘解消法ベスト3! > ヒント > 浣腸の危険性

最終更新日;2011年10月12日 14:18

お得情報!!

現在の割引は、全員5%OFF+初回限定5%&5ドルOFFダブルの割引クーポン+ロイヤルティクレジット5%OFF。

上記のリンクで、クーポンが適用されます。

  • 初回限定5ドル割引クーポンコード:WELCOME5
  • 全員・全商品5%割引クーポンコード:KUM437

※ 2つのクーポン同時利用可能。

さらに、40ドル以上で送料無料キャンペーンも行われており、コンビニ払いも利用できるように。

アイハーブは消費税8%もかからない上に、円高になるとさらにお得になります。

ロイヤルティクレジットは、アイハーブのカート画面で自動的に計算してくれます。

浣腸の危険性

浣腸も便秘薬と同じく、一時的に便秘を解消してくれますが、便秘を治してくれるものではありません。

オリゴ糖や乳酸菌・食物繊維など、腸を元気にする方法で便秘解消を試みてもダメだった場合の対処療法として利用したほうがいいようです。

浣腸の中身

浣腸の中に入っている浣腸液には、グリセリンが主な成分として含まれています。

グリセリンは、便秘が続き直腸に古くて硬い便が詰まってしまったときに、詰まった便に水分を与えて出してくれる働きをします。

有名なイチジク浣腸は、この方法で便秘解消に役立ちます。

浣腸のメリット

肛門から直接浣腸液を注入するので、即効性はあります。

便秘が続くと、オリゴ糖や乳酸菌などを口から摂取するだけでは、歯が立たないケースもあるので、最終手段として、どうしても解消できない場合は利用してみてもいいかもしれません。

浣腸の悪影響・デメリット

即効性があるからといって、安易に浣腸に頼ってしまうと、体が本来兼ね備えている腸の蠕動運動が弱まって、ますます便秘を引き起こしやすい体質を招いてしまいます。

半ば強制的に便を排出するので、腸や肛門への違和感や膨満感を伴う場合があります。

浣腸に頼りすぎると、ヒドイ場合浣腸がないと出ないというケースもあるようです。

これでは便秘の悪循環に陥ってしまいます。

やむをえない場合を除いては、浣腸の常用は避けたほうがいいようです。

delicious に追加 hatena に追加 yahoo! ブックマークに追加 livedoor clipに追加 Buzzurlに追加 @nifty clipに追加 newsing に追加 facebookに追加 twit this!

全員5%OFF+初回限定5%&5ドルOFFダブルの割引クーポン掲載中!+ロイヤルティクレジット5%OFF+期間限定40ドル以上で送料無料セールも実施中
以下のリンクで割引が適用されます。
⇒ アイハーブ日本語サイト

その他にもお得な情報満載です。
↓   ↓   ↓   ↓   ↓   ↓

アイハーブセール情報

ワンポイント★便秘解消法

もっとも排便しやすい時間帯は、朝食後30分経過した時です!

iherbアイハーブ購入履歴(3)

おすすめの解消法(20)

お気に入りのアイテム(5)

お茶(2)

オリゴ糖で解消!!詳しい口コミ(19)

ヒント(29)

人気アイテム口コミ(5)

体験談(4)

便秘が原因の病気(18)

便秘にいい食べ物(41)

便秘の原因をみつける!(23)

妊娠中の便秘解消法(5)

宿便の基礎知識(2)

用語集(11)

解消法比較ランキング(3)

酵素とは(7)

食物繊維の種類(3)

Feeds